台灣人生.jpg  

『台湾人生』


歴史に翻弄されながらも、力強く歩んできた“日本語世代”の台湾の人々の姿を捉えた話題作!
かつて日本人だった人たちを訪ねて

●規格
カラー/4:3 スタンダード/片面1層/本編81分+特典/音声:1.オリジナル日本語 他〈ドルビー・デジタル・モノラル〉/特典:縮小版パンフレット封入、劇場予告編収録

●製作年・国
2008年・日本

●スタッフ
監督:酒井充子
制作・録音:田辺信道『わたしの季節』
撮影:松根広隆『1000年の山古志』『掘るまいか-手掘り中山隧道の記録-』
音楽:廣木光一編集:糟谷富美夫


●解説
最も波乱に満ちた時代を生きた日本語世代の台湾人が語る、もうひとつの歴史とは―。全国各地で大きな反響を巻き起こし、ロングランヒットとなった傑作ドキュメンタリー、待望のDVD化!
1895(明 治28)年から1945(昭和20)年まで、実に51年もの間、日本の統治下にあった台湾。当時の日本は欧米への対抗意識もあり、インフラ整備や治安の維 持に力を注いだ。教育の普及にも積極的に取り組み、学校教育は日本語で行った。そのため、この時代に教育を受けた人々は日本語を話すことができる、いわゆ る“日本語世代”だ。彼らの歴史は、苦難の連続と言っても過言ではないだろう。第二次世界大戦が始まり、台湾人も日本軍として参戦するが、日本は敗戦。や がて、台湾は中国国民党政府による統治の時代を迎えた。しかし、その圧制に対する市民の怒りが、1947(昭和22)年の二・二八事件を招く。これをきっ かけに、1949(昭和24)年から38年間の長きにもわたり、戒厳令が敷かれる異常事態に。この間、多くの台湾人が激しい弾圧にさらされ、台湾語や日本 語の使用も禁じられた。“日本語世代”の台湾人たちは、口をつぐまざるを得なかったのだ。
本作は、台湾各地、そして日本へと舞台を移しながら、“日本語世代”5人の人生を振り返る。時代に翻弄されながらも、ふたつの時代を力強く歩んだ彼らがそれぞれの人生を語るとき、私たちはその言葉の背後に、もうひとつの歴史の姿を垣間見ることになる。
初 監督となる酒井充子は、新聞記者を経て、ドキュメンタリー映画の制作・宣伝に関わりつつ、本作品の構想を練ってきた。“日本語世代”の老人との偶然の出会 いから、取材活動は足かけ7年。台湾のことを広く知ってほしいという強い思いが原動力となり、国や時代を超えた、人間の存在そのものを見つめる大らかで優 しいまなざしのドキュメンタリー映画を完成させた。本作は、記録的な観客動員となったポレポレ東中野をはじめ、全国でヒット。近くて遠い台湾の、知られざ る一面に光を当てた衝撃と感動の作品として大きな話題を呼んだ。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

1895年から1945年まで日本の統治下にあった台湾。その時代に青春期を送り、日本人として日本語教育を受けた5人の台湾人にカメラを向け、時代に翻弄された彼らの人生と複雑な想いを聞き出していくドキュメンタリー。酒井充子の初監督作品。

LINK

創作者介紹

樂活士的台灣行腳‧LOHAS' TAIWAN

Jack Wang 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()